丞魁井峨爆 仍仍梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

為延弌咤梧簡

晩囂兆各困△蠅とう

嶄猟井

堝隅闘狛  欠隅患軟

椎訳弌揃議曾都屎腹蝕彭

婢其丶否議易雑

恷握議知壓俟嶄皇強宀

嶬旌邂議厮愁愁陛肇

指吮狛吏議知暫

卆隼湖強音厮音状嶄喊

仞凌議節邦

泌揖狛吏寇酷違仇略狼彭

忿聞頁苧爺

忿聞厮将海寄

匯協勣芝吮彭

低壓宸戦議匯俳

蒸音勣梨山

未秘蘇姓議弊順朔

嶬數飢山笥議三

勣啾糊議傍歳姉

晩囂井

はxれてる Lは梧いだす
いつも恠ってた この祇のそばで
書も易い雑がDいて丶っている

でも峭まらない 俟がつまるほど
書が寄挫きで だけどすぎていく
それはむかし日いた瑤離ケラのよう

ふわふわと検かぶやすらぎも
罎海椶譴覯三欧
寄並な隆栖につながっているはずだから

苧晩になっても いつか寄繁になっても
きっと房い竃してね あなたがここにいたこと
梨れないでいて レい弊順の惚てでも
ずっとえない書を みんなありがとう

埖は孚らしてる Lは蓄ってる
いつも丶ってた この隨の腎で
書も送れ佛がい匐えている

でもわからない rがすぎるほど
xれたくなくて だけどhくなる
それはきのう柵んだ云の乢孵のよう

きらきらと高るあこがれも
どんな丑しい欒屬舛
寄並な隆栖につながっているはずだから

湿がすぎても どこか岑らない隨でも
きっとレがっていく みんながここにいたこと 
梨れないでいて 弌さなこの侭から
そっと兵まったこと みんなありがとう

瑤鬚里擦心は から唾羨つ
また氏えるよ 書は裏丶んで

いつまでたっても どこかhくへ佩っても
きっと岑らせてほしい わたしがここにいたこと 
梨れないでいて レい弊順のどこでも
ずっとえない房い みんなありがとう

云遍梧爆栖徭為延弌咤丞魁井ゞ撃咫議触頭〃

朴沫為延弌咤厚謹ゞ丞魁井峨爆 仍仍〃梧簡佚連