邪泌短嗤低梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

允白哂裟梧簡

晩囂兆各詐がいなければ

嶄猟井云匯

曾繁岻寂狛阻謹富歪爺
泌惚短嗤低
科弼孚頭匆撹葎菜易狛吏
峪詼騎寔三
耽肝需欺 宴延誼柿潮
喟垓壓宸戦
俟嶄茄彭匯旦梨阻篠議苧佚頭
貧中亟彭 厘浪散低

嶄猟井云╋

音岑宸頁厘践議及叱倖歪爺
飛頁富阻低
忿隼頁丶誼壅禾醒議孚頭
匆氏猥諒弼
祥緩瓜繁凖梨
詒団稈易厘寔屎議伉秤
徽耽肝需中
抜嗽音岑祇乎傍乂焚担
錬李低嬬喟垓塔壓厘附円
梨阻篠竃議苧佛頭
亟彭浪散低議伉秤
祥斑万撹葎喟垓議蜘畜杏

晩囂井

またたく佛さえ
節をためるような市き
埴がいなければ

xでちいさな
つぼみを蝕いてく雑さえ
なんの吭龍もない

挫きさと冱えるなら
伉はXいよ
でも埴を需つめると
採にも冱えなくて
そっと朕を そらすだけ

楳いノ`トも
張いたシュ`ズも
突だけの右も
埴がいなければ
ひとりぼっち

叱つめの歪が
ふたりの寂を ねえ 狛ぎたの
埴がいなければ

はしゃいで顔した
箴の亟寔さえも モノクロ`ム
扮の梨れもの

云輝の並だけを
勧えたいから
ねえ 埴に氏うたびに
涙笥になるんだね
いつまでも ここにいて

曙け梨れた
ハガキがいちまい
俟の安 蓄るよ
埴が挫きだって
慕いてある

埴がいなければ
なにもかも

/uploadfile/200910/9/1050599237.lrc

朴沫允白哂裟厚謹ゞ邪泌短嗤低〃梧簡佚連