var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

鵬きのキヲク梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

欠岻淵裁梧簡

晩囂井

フラッシュの嶄侮柵簾した鵬きのキヲク
弼擁せないようにいつまでも便る

湖じたまま出んだ瑤△ね弼の慧n瘁のsky
匯昼だってojにしたら書の暴いないかもね

徨工の宙いた隆栖はしゃいでいる
あの憂書もこの俟で高Aける

フラッシュの嶄侮柵簾したキヲク宇いて
悶嶄で湖じる
イメ`ジ宥り佩かない並にけないように
畠てを鞭け峭めてがむしゃらに伏きる

兆もなきLにねいてみる
ちゃんと貧返にiけている?

o湖秤なrgの嶄冱い梨れた
ありがとう畠ての曚垢詒盆_へ書

ここでこうして伏吭殫圓辰萄辰な捲彭て
肖られるのもlのおかげ?
いつかはきっと{り彭けるよた侭に
Qして弼擁せない鵬きのキヲク

フラッシュの嶄侮柵簾したキヲク宇いて
悶嶄で湖じる
ここでこうして伏吭殫圓辰萄辰な捲彭て
肖られるのもlのおかげ?
いつかはきっと{り彭けるよ
た侭に
Qして弼擁せない鵬きのキヲク