var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

ひとりきりの腎梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

欠岻淵裁梧簡

嶄猟井

編彭匯某偲眺議凛舞
壓椎頭爺腎嶄儖孀彭焚担
低頁欠岻旋釆涙繁嬬俊除
斑僮床床仇送陛
匯倖繁壓椎戦宇彭津紺彭

垓硬議薦楚亜釦佰杏
匯岷吉棋彭宸魁媾況
悳嗤匯爺斑厘宇諸茄彭涙隈囹栽議彬祐議低

晩囂井

捜しげな憂
あの腎に採を 冥してるの

埴は Lの釆で
lも 篠せ原けない
床かに 僮を送して
日いてる 出んでる ひとり

いにしえからの 薦よ朕めて
ずっと棋ってた この竃氏いを
Kえない Lしてる埴を
宇きしめさせて いつか

Kわりのない弊順
たどりつける侭は どこにもない

埴は rの鬚海Δ
hく xれていく
伉に 乾れたいのに
えない 曙かない 書も

えた俟 しさみつけて
埴を^肇から 柵びすの
附悶を栽わせ すべてをSして
芦らぎの嶄 蓄れ

いにしえからの 薦よ朕めて
ずっと棋ってた この竃氏いを
Kえない Lしてる埴を
宇きしめさせて いつか