輝念了崔 : 耽晩強只梧簡 > H > 諮唹般宀 > 屎猟-ユラユラ梧簡

ユラユラ梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

諮唹般宀梧簡

嶄猟井

辧亜辧亜辧,辧強議爺腎
敬鯆禝追躅
宸劔真除議湖状
曾芸房廷

埋隼匯岷壓附円
徽頁厘断岻寂議血篭湊寄
低椎楕岷袷蛸議指基
蕗咄珊頁垉湛其

低壓聴伏議廓偏図日
埋隼音壓低附円
徽厘珊詒団秧患塾匍槻θ

辧亜辧亜辧,辧強議爺腎
敬鯆禝追躅
宸劔真除議湖状
曾芸房廷

汽繁紐窟
曾倖繁尸彭勣恫壓嶄寂
葎阻中斤中
曾倖繁匯軟適薦

箕遊心欺議匚腎
掲械這席
知嶄鰺議凛商
卆隼音延

描亜描亜描描勦議佛腎
孚疏嶬攀陳
獏議繁断
壓音延議佛高和
率匯議畷技

蛍宣扮議遊窟
啌彭崖搬議唹徨
匯倖繁傍絡芦
俟笥議祐
匆匯協頁厘断議摘揮

辧亜辧亜辧,辧強議爺腎
敬鯆禝追躅
宸劔真除議湖状
曾芸房廷

描亜描亜描描勦議佛腎
孚疏嶬攀栂卉
獏議繁断
壓音延議佛高和
率匯議畷技

晩囂井

ユラユラと浴(いが)んだ腎(そら)へ 埴(きみ)の圷(もと)へ敬(と)んでゆけ
こんなにも除(ちか)くに湖(かん)じてる
ふたつの(おも)い

ずっと迦(がわ)にいたから 腎(あ)いた篭寂(すきま)寄(おお)きすぎて
伏吭(なまいき)な埴(きみ)の殆岷(すなお)な卦並(へんじ) 仝またね…々が捜(さび)しい

需降(みな)れない瞬(まち)で日(な)いてるなら
迦(がわ)にいなくても丶冲(えがお)は曙(とど)けたい

ユラユラと浴(いが)んだ腎(そら)へ 埴(きみ)の圷(もと)へ敬(と)んでゆけ
こんなにも除(ちか)くに湖(かん)じてる
ふたつの(おも)い

ひとり航(か)けのソファ`
寔(ま)ん嶄(なか)を函(と)りあったね
いつまでも(む)き栽(あ)っているために
ふたりは裸嫖(がんば)れる

需貧(みあ)げた匚腎(よぞら)は 堝(くも)が這(は)れて
知(ゆめ)に(む)かってる 憂(ひとみ)は(か)わらない

キラキラと市(かがや)く佛(ほし)は 書(いま)も埴(きみ)を孚(て)らしてる
竃氏(であ)った晩(ひ)と(か)わらぬ腎(そら)の和(した)
ひとつの閉(ちか)い

三(はな)すときに窟()を乾(さわ)るくせがうつっている
ひとりきりで蓄(ねむ)る 俟(むね)の祐(いた)みさえ きっと壱(きずな)

ユラユラと浴(いが)んだ腎(そら)へ 埴(きみ)の圷(もと)へ敬(と)んでゆけ
こんなにも除(ちか)くに湖(かん)じてる
ふたつの(おも)い

キラキラと市(かがや)く佛(ほし)が いつもふたり啌(うつ)してる
竃氏(であ)った晩(ひ)と(か)わらぬ腎(そら)の和(した)
ひとつの閉(ちか)い

朴沫諮唹般宀厚謹ゞユラユラ〃梧簡佚連