var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

湖鞭傴舵梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

諮唹般宀梧簡

嶄猟井:

細 嗤油欺宅

涙円涙縞議爺腎嫂清賠該 鴻姓涙円議寄今涙淺贊
低兵嶮揮彭丶否 脅音奚図日

軸聞短嗤心賠膨巓 椎劔匆涙侭僚
咀葎壓宸褒返嶄嗤寄社議贋壓

音勣図日 音勣毛閲
泌惚梨芝阻侑牽 祥萩哇蟹
伏噐高苧 伏噐菜圧 屈了匯悶
湖鞭傴舵 房觚佯

細 嗤油欺宅

腎嶄働検彭易堝愁愁保
菜弼議嚏邦書爺匆短嗤吭吶議図日
低泌惚剿李匆氏窟崢婆岷
音岑音状 伉蝕兵検嶐

儖孀彭喟音個延議梧蕗 亜 靨靦
瓜咨茄議瀁R彭 低嗤心需宅

延撹偲眺溝鏡議侮圜
泌惚危狛議三 嶬 液貧褒凛 祥萩哇蟹
宣蝕椎寄社揖壓議寄仇
篠凡壓峯和
湖鞭傴舵 房觚佯

細 嗤油欺宅

公恂知議繁断廣秘垳李
涙胎採侃脅勧弓侑牽 祥萩裏丶

泌惚梨芝阻侑牽 祥萩哇蟹
伏噐高苧 伏噐菜圧 屈了匯悶
恷朔傴舵 房觚佯

細 嗤油欺宅
 

晩囂井:

ねぇ療こえますか

腎は惚てしなく 楳く確んでいて 今は泙蠅覆レ寄でいて
埴はいつまでも丶冲でいて じゃないと日いちゃうから

巓りを需まわさなくても もういいんだよ
この返の嶄にはみんなが いるから

日きたくなって 毛げたくなって
侑せを梨れてしまったら みな梧え
高が伏まれ 圧が伏まれた 屈つは匯つ
ハルモニア湖じて テレパシ`

ねぇ療こえますか

堝は易く検かび たそがれていて
嚏は菜く書も日いているわけじゃない
埴も需貧げれば櫃鼎1つの岷
いつしか伉 はれるや

笋錣蕕覆じ茲鯡修靴討い あぁミソサザイ
需えない蕕能瓩个譴討 需えるでしょ

偲しくなって溝鏡の圜に
うもれてるなら書 朕を液じて みな梧え
宣れてたって みんな揖じ寄仇
凡り直の和
ハルモニア湖じて テレパシ`

ねぇ療こえますか

知需る繁へ 垳いをこめて
侑せを曙けにどこまでも みな丶え

侑せを梨れてしまったら みな梧え
高が伏まれ 圧が伏まれた 屈つは匯つ
ハルモニア恷朔の テレパシ`

ねぇ療こえますか
 

袋瀧井:

nee kikoemasu ka?
sora wa hateshinaku aoku sunde ite umi wa kagirinaku koudai de ite
kimi wa itsu made mo egao de ite ja nai to naichau kara
mawari o mima wasanakute mo mou jin da yo
kono te no naka ni wa minna ga iru kara
nakitaku natte nigetaku natte
shiawase o wasurete shimattara mina utae
hikari ga umare yami ga umareta futatsu wa hitotsu
HARUMON