ユウヤケイロ梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

書爺議5定2萎梧簡

オレンジ弼した腎が
ゆっくりと鯛ちてゆくえてゆく丶い蕗

返をふる埴の嘘嶄に
もどかしい俳なさが伉に菊る

宙いてた瑤鮠はえてる?
この枠はどんな隆栖Aくかな…

耙腓譴修Δ砲覆Bむユウヤケイロ
ありふれてるrgが曚靴房えた腎

拍L直の~がeれる
Tわれた伉には房い竃の諮が菊る

逗しい丑しいときも
羨ち鬚ってくさ縮えてくれた

朕にえないけど_かに湖じる
互まる房いがこみ貧げてくるよ

耙腓譴修Δ砲覆eれるユウヤケイロ
e?の祇だってまた氏える晩栖るよね?

弼腎に半まる櫓晩が
雌う房いをTり笋┐討罎

耙腓譴修Δ砲覆Bむユウヤケイロ
笋錣蠑Aけてくけど房いは弼あせない

耙腓譴修Δ砲覆eれるユウヤケイロ
擦┐燭に爾そ譴猿い埴に梧うよ

朴沫書爺議5定2萎厚謹ゞユウヤケイロ〃梧簡佚連