寄俳なもの梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

書爺蝕兵恂徴藍梧簡

嶄猟井

艶壓図日 低覇椎戦
嗤倖涙辛函旗議 寇酷議並麗
耽輝液貧凛商 祥氏啌孚壓匚腎戦
胆挫梁悲議指吮

咤雑闘巣 葎阻宸粁唾殻
埋隼嗽送和阻 宣社垓佩議凛節
徽頁耽輝 節邦柊勝
厘断嗽嬬 壅肝猜啅丶

艶壅図日 低覇椎戦
嗤倖嬬校淫否低議 寇酷議繁
耽匯砧 送狛議節邦
脅艶梨阻万議吭吶

梁哲議 繁議鋲伉
賜俯厮吉豢指基阻厘
輝宸粁唾殻 潤崩議扮昨
猥杜匸幼榠匍縦埜基宛

壓宸頭爺腎和 剿李揖劔議佛佛 逗蔦議厘断
委知觸諸廛壓返戦 円図円丶广犹シ隔泳緩猥

咤雑闘巣 葎阻宸粁唾殻
埋隼嗽藻和阻 宣社垓佩議凛節
徽頁耽輝 節邦柊勝
厘断嗽嬬 壅肝猜啅丶

晩愁延晒議槙埖 葎厘断揮栖阻音芦議弼科
音勣鞭欺唹 嶬敞知卉排致埃叉漬瞞蒋匈匯訳揃

壓宸頭爺腎和…
壓宸頭爺腎和 涙辛函旗議寇酷議並麗

晩囂井

櫃原けばほら 浪びもわけあえる
o尖しなくていいんだ 書Wは鏡りじゃないから

富しずつ笋錣螻した 佚じ栽えるOにむかって

伎けそうになる晩も 埴がいて
寳える返を 薦に笋┐襪鵑
輝たり念のrgを 匯昼でも
埴と埆えて佩きたい

櫃つけばまだ しゃがみこむ硬に
廚烋zまれそうになるrは 埴を房うよ

富しだけMめたかな Sし栽える さに鬚って

伎けそうになる晩も 埴がいて
\り埆えよう 殆岷に房うんだ
ありきたりな並しか 竃栖ないけど
いつも屶え栽いたい

しまいzんだ 錬李 啾檗枅蕁“てが
埴と竃穴って 富しずつxく弊順

埴がいれば採業も 羨ち貧がろう
寳える返も 薦に笋錣襪鵑
輝たり念のrgを 匯昼でも
埴と慌に

伎けそうになる晩も 埴がいて
\り埆えよう 主を澣く埴に
ありきたりな並しか 冱えないけど
いつも曙け ありがとう

朴沫書爺蝕兵恂徴藍厚謹ゞ寄俳なもの〃梧簡佚連