短覽春睹議匯爺氏栖梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

署弥匯富定並周仮梧簡

晩囂兆各困海鵑僻佞栖るとは房わずに

嶄猟井

亜亜 窟阻知阻
低頁壓架彑議斤中丶彭阻
亜亜 壓狛吏械械肇議型徨現除議糾

瓜僕欺朔祥短強議色携
書爺爺腎劭垓議楳岩

短覽春睹議匯爺氏栖
屈繁札猥Φ慳源袷
喊貧栖議伉秤辧強

亜亜 効低峪匯肝
化佩狛議巷坩貫宸隅辛參心欺
亜亜 掲械繁咳詞墫議壼敢議佛豚晩

貫採扮軟伉延晒
貫採扮軟撹葎指吮

咀葎恠壓凛念議秤繁断
嗤泣勦朕仇佩恠
遇悲才仇液朕阻

邪泌頁嗤音嶮潤議握
嶬攵溶觚嚠低

短覽春睹議匯爺氏栖
屈繁札猥Φ慳源袷
喊貧栖議伉秤辧強

晩囂井

ああ 瑤鰔ていたよ
埴が丶ってた テ`ブルの鬚海
ああ 劣 よく佩った 何塁の除くの糾で

\ばれたままのコ`ヒ`
書晩は腎が楳く hい

こんな晩が栖るとは房わずに
屈繁 丶い栽い した
こみあげる房いが eれる

ああ 埴と匯業だけ
iいた巷@ ここからえるよ
ああ とても詞んでいた 敢枠の晩袗晩

いつから伉は笋錣辰
いつから房い竃に なるの

朕の念をゆく禅繁たちが
ちょっと まぶしげに ゆくから
やさしく朕を]じた

Kわらない曚 もしもあるなら
埴に書 あげたい

こんな晩が栖るとは房わずに
屈繁 丶い栽い した
こみあげる房いが eれる

朴沫署弥匯富定並周仮厚謹ゞ短覽春睹議匯爺氏栖〃梧簡佚連