壓匯倖倖指吮岻嶄梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

署弥匯富定並周仮梧簡

晩囂兆各困劼箸弔劼箸弔遼爾この嶄に

嶄猟井

壓匯倖倖指吮岻嶄 嗤低壓匯並糞壓載互佶
埆狛巉謹議湿准 旺諸宇光嶽節邦嚥丶否杏

嬬校糞峙鎮力誡从端幻担
厘辛岑祇扮寂音頁喟垓議

壓塁競心爺腎議椎匯爺
嗤伉俟議皇強喊貧議伉秤

壓痴雌才鞭彬議揖扮 祥麻椎劔脅嗤音嬬払肇議叫廉
嶮嗤匯爺祥壓宸倖瞬叔匯軟蹄篇辛葎岻従袷議叫廉杏

不葎祐逗仇誚狛議並
壓伉辧強旺延樋議扮昨

咀葎曳熟軟札狒暴
祥短嗤凪万辛參延釈膿議叫廉

壓匯倖倖指吮岻嶄 嗤低壓匯並糞壓載互佶
埆狛巉謹議湿准 旺諸宇光嶽節邦嚥丶否杏

壓伉軍吭岱議匚戦 低氏将械
凛憂音士仇斤厘傍頁糞秤祥辛參阻

壓痴雌才鞭彬議揖扮 祥麻椎劔脅嗤音嬬払肇議叫廉
嶮嗤匯爺祥壓宸倖瞬叔匯軟蹄篇辛葎岻従袷議叫廉杏

晩囂井

ひとつひとつの房い竃の嶄に 埴がいること それがうれしい
いくつもの湿を埆えて いろんな罎釆 宇きしめて

かなえられる堯,いつ あるの
rは喟hじゃないと 岑ってる

塁貧で腎をた あの晩
俟の皇咫,海澆△欧欒屬

とまどいながらつきながら それでも払くせないものがある
いつの晩か Fれるものを 匯wにつめよう この瞬叔で

ちょっとしたことを つらく 房う
伉がゆるんで 樋く なるとき

わかりあえることより 麿に
くなれるものなどないか

ひとつひとつの房い竃の嶄に 埴がいること それがうれしい
いくつもの湿を埆えて いろんな罎釆 宇きしめて

伉がきしむ匚 埴はいつも冱ってくれる
あるがままでいいと 憂 ゆるがせずに

とまどいながらつきながら それでも払くせないものがある
いつの晩か Fれるものを 匯wにつめよう この瞬叔で

朴沫署弥匯富定並周仮厚謹ゞ壓匯倖倖指吮岻嶄〃梧簡佚連