奕劔議禅握匆挫梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

署弥匯富定並周仮梧簡

晩囂兆各困匹鵑柄気任

嶄猟井

涙吭壓吉菊催議瀧揃議斤中孀欺阻低議劔徨
餾榻匕5栂∃Χ塹鯀妨惣議慢

凪朔狛阻曾定 喘伉絶床仇訌

奕劔議禅握匆挫 奕劔議潤蕉匆挫
音氏梨芝低御盆阻厘握匯並議椎倖湿准
厘匆誦孑侑嗣豸倖曳低厚挫議
浪握議蝶繁当中旺恠演宸倖廓偏

咀葎音辛參邪廾短賀状遇參凛斤凛議儷催価附遇狛阻
梨芝阻議指吮載謹脅割諾阻凛憂

賜頁浪散貧賜頁宣蝕 繁議伉秤寔音辛房咏

奕劔聾弌議 奕劔融竃議並匆挫
咀葎峪勣嗤辛參霧三議繁壓祥氏瓜現貧啾賑
覿堊軌音季排仇
効嶷勣議蝶繁札狒暴皺伏試壓宸倖廓偏

奕劔議禅握匆挫 奕劔議潤蕉匆挫
音氏梨芝低御盆阻厘握匯並議椎倖湿准
厘匆誦孑侑嗣豸倖曳低厚挫議
浪握議蝶繁当中旺恠演宸倖廓偏

晩囂井

佚催棋ちの祇の鬚海Α,△覆燭臨砲鬚佞頒つけた
侑せそうなほほえみ Oりの泳溺に鬚韻討

あれから2定が^ぎたね 伉で床かに房った

どんな禅でも どんなY挑でも
曚垢襪海箸鮟未┐討れた あの湿梨れない
あなた參貧に 暴もいつの晩か
曚垢誥lかにめぐりあって この瞬をiきたい

櫃鼎ぬふりはできないから 朕と朕の栽蹐任垢譴舛った
梨れていた房い竃が たくさん憂にあふれた

挫きになったりxれたり 繁の欒屬舛浪史遮hだね

どんな弌さな どんな竃栖並でも
せる繁がいることだけで 啾櫃鼎韻蕕譴襪ら
禅することに おくびょうにならずに
寄並なlかとわかりあって この瞬を伏きてたい

どんな禅でも どんなY挑でも
曚垢襪海箸鮟未┐討れた あの湿梨れない
あなた參貧に 暴もいつの晩か
曚垢誥lかにめぐりあって この瞬をiきたい

朴沫署弥匯富定並周仮厚謹ゞ奕劔議禅握匆挫〃梧簡佚連