輝念了崔 : 耽晩強只梧簡 > M > 徴隈析弗 > 屎猟-壼芦梧簡

壼芦梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

徴隈析弗梧簡

晩囂兆各困はよう

嶄猟井

揮彭丶否劾鮹爺 書爺匆載嶷篇議昔芝彭
耽爺涙侭並並議業狛 祥麻頁狛阻匯爺
壓伉嶄議晩芝 卆隼頁易崕匯嫖
孀儖徭失議知覯宙紙万杏 壓椎俟山寄崗議俟嶄
俯俯謹謹議房 径倹祥駲吝竃栖匯劔
匯倖繁 泌惚鞭欺阻伎孵 凛節祥氏
音尸賑議送和栖 音狛音嬬補公椎只海議匚絡
嫋軟栖哭俊湊剩杏!


斤彭壼蛙議湊剩紺蕗 "壼芦!"
銭伉嶄脅湖欺描描窟疏
祥頁浪散音砿鋸宜謹富肝 脅氏嫋軟栖議低
揮彭丶否劾鮹爺 書爺匆載嶷篇議昔芝彭
祥駟俳寛四衾綴亠槌媼 宸劔議耽匯爺


壓知廠嶄効厘議伉獏議頁 挽隼心音需議鈍科議
隆栖賜頁丹婬筏 湖欺犁欝腸三
音狛 祥頁匯泣泣議啾賑 効錬李狒岻朔
宥吏知覽諜逝 祥氏斑低岑祇阻犖
悳頁壓匯岷適薦彭議低議附都
葎低蕗址彭
書爺匆頁揮彭諾然議丶否


斤彭壼蛙議湊剩紺蕗 "壼芦!"
心彭湊剩議凛商匆頁描描窟疏
祥頁浪散壓図日彭匆音氏毛閲 卆隼劾彭念圭議低
短嗤凖梨徭失遇劾彭苧爺 書爺卆隼隔偬議恠彭
椎伉嶄議晩芝嘉頁嶷勣議 右麗犖


斤彭壼蛙議湊剩紺蕗 "壼芦!"
銭伉嶄脅湖欺描描窟疏
祥頁浪散音砿鋸宜謹富肝 脅氏嫋軟栖議低
揮彭丶否劾鮹爺 書爺匆載嶷篇議昔芝彭
祥駟俳寛四衾綴亠槌媼 宸劔議耽匯爺
椎伉嶄議晩芝嘉頁嶷勣議 右麗犖
咀葎効低壓匯軟...

晩囂井

丶冲を梨れず苧晩へと 書晩を寄俳に震もう

なにげなく耽晩を狛ごして 匯晩を嶮えても
ココロの晩芝は 易崕のまま
知を需つけて宙こうよ 湯らむ俟の嶄
夾表の襪ぁ〈腓譴修Δ砲覆襪
ひとり、伎けそうになったり 節が
こぼれちゃう 海い匚に減けず
湊剩を哭えよう

 

劾の晩餓しにギュッと“おはよう”
ココロの嶄までキラキラ
採業も廬んだって 羨ち貧がる埴がスキ
丶冲を梨れず苧晩へと 書晩を寄俳に震もう
ココロの晩芝に慕ききれない くらいの晩≥を


知需てるココロが竃氏うのは まだ需ぬ鈍弼の
隆栖や丹佞筺_三欧个り
でもね、わずかな啾賑がね 錬李へと狼がり
知までの祇を 縮えてくれるよ
ずっと裸嫖ってる埴の すぐ迦
いつだって 哘址してるから
書晩も丶冲でいてね

 

劾の晩餓しにギュッと“おはよう” 
需つめる憂はキラキラ
日いてもうつむかずに 鬚ってく埴がスキ
徭蛍を梨れず苧晩へと 書晩をしっかりと化いた
ココロの晩芝こそ寄俳な 右麗だね

 

劾の晩餓しにギュッと“おはよう” 
ココロの嶄までキラキラ
採業も廬んだって 羨ち貧がる埴がスキ
丶冲を梨れず苧晩へと 書晩を寄俳に震もう
ココロの晩芝に慕ききれない くらいの晩≥を
ココロの晩芝こそ寄俳な 右麗だね
匯偖だから...

 

朴沫徴隈析弗厚謹ゞ壼芦〃梧簡佚連