var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

匯頭雑郁梧簡

壓澤下梧簡 栖坿才大屁尖  侭奉廨辞 :

棒舞梧簡

晩囂兆各坤劵肇劵蕕離魯淵咼

嶄猟井

乾寵匯頭雑郁屎壓都円
握秤頁短嗤寂離
宸音頁房廷

短嗤訊上厘頁屎鳩議羨魁式凪洞是議儘宮
厘匯岷參葎厘頁匯倖誚議並秤壓窟伏個延嶌洋ケ
泌腎賑
麿煤煤仇丶彭丶冲
厘峪音狛頁勣近指
濠嘘羅咯眠

乾寵匯頭雑郁屎壓都円
握秤頁短嗤寂離
宸音頁房廷
祥駝欺仟療議蕗咄
隼遇器撹扮
泌惚低需欺厮将音謹阻

晩囂井

匯頭の雑びらが乾れている突のOで書
寂離った禅だった
そんなこと房いたくはない

峠櫃世辰討垢偉丗してたのはきっと突たちのいとこで
いつも匯偖にいたいって房ってたのにすれ離いはgを笋┐
竃栽った櫃里茲Δ
あの悲らかな丶冲だって
すぐに函りせる櫃してた
宇きしめたい

匯頭の雑びらが乾れている突のOで書
寂離った禅だった
そんなこと房いたくはない
挫きだったはずだった
採扮だって蕗が療きたくなるほど
それなのに返が曙く
枠の埴が需えなくなりそうだ