きらめくかけら梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

宥痩藍梧簡

嶄猟井

2繁 貫知嶄竃栖阻 
因絡議寄瞬 
留廾議訓鯖厮畠何擁弼 
融隼咨茄議勦凛議哩頭 
壓伉尖把把仇鹿嶄阻軟栖 

1倖繁侭需議尚弼 
峪氏嗤菜易議高市 

才低壅匯軟附悶泌揖邑苧 
辛參心欺寔屎議厘 

2繁貫知嶄竃栖阻 
椅嗟揃貧 
留廾議訓鯖厮畠何擁肇 
融隼咨茄議描勦議哩頭 
壓伉尖把把仇廾阻軟栖 

1倖繁涙胎狛謹海扮寂 
峪氏詞墫富俯議娼科 

才低壓匯軟附悶瓜侮侮寳些 
辛參湖状欺寔屎議厘 

2繁 貫知嶄竃栖阻 
因絡議寄瞬 
留廾議訓鯖厮畠何擁弼 
融隼咨茄議勦凛議哩頭 
壓伉尖把把仇鹿嶄阻軟栖 

2繁 貫知嶄竃栖阻 
因絡議寄瞬 
留廾議訓鯖厮畠何擁弼 
融隼咨茄議勦凛議哩頭 
壓伉尖把把仇鹿嶄阻軟栖 

壓伉尖把把仇宇壓匯軟 

晩囂井

2繁 嶄でlけ竃した
劾けの瞬を
里蠅鯣何用ぎ里
そっと Lれてきらめくかけらを
伉に ギュッと 鹿めながらE

1繁でてた尚弼たちは
易\のささやきだったけど

あなたといると 悶嶄が邑き宥るようで
云輝の仝暴々に櫃鼎よ

2繁 嶄でlけ竃した
アスファルトの貧
りを畠何用ぎ里
そっと Lれてxくかけらを
伉に ギュッと めこんでE

1繁でいたrgはいつも
富しノイズまじりだったけど

あなたといると 悶嶄が襖嬉つようで
云輝の仝暴々を湖じるよ

2繁 嶄でlけ竃した
劾けの瞬を
里蠅鯣何用ぎ里
そっと Lれてきらめくかけらを
伉に ギュッと 鹿めながらE

2繁 嶄でlけ竃した
劾けの瞬を
里蠅鯣何用ぎ里
そっと Lれてきらめくかけらを
伉に ギュッと 鹿めながらE

伉に ギュッと 宇きしめて…

朴沫宥痩藍厚謹ゞきらめくかけら〃梧簡佚連