厘頁低議侑牽梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

厘議溺舞梧簡

晩囂兆各再佑良きることが埴の侑せ

嶄猟井

委串銀薮壓厘議嘘貧
低氏阻盾劭垓議狛肇
汽歓議晩徨戦犒蟲諜愀
芝吮厮将指鹸欺貫念

彫熔概唯壓侮匚議鷹遊
節邦婀物阻嘘朔
壅需嶮噐嬬傍竃笥

承嶄議低壓撞撞鬟遍
低議節焚担扮昨唯峭
低議丶然祥頁厘議匯俳
梁秤逐逐岷欺恷朔

覦冂稷芝
嗽短嗤佚伉
峪嗤萩箔舞
逸厘茅芝吮

梁秤匆頁丑挨
狛蛍議活握狛蛍議錐否
聞厘断痴払阻徭失

泌惚繧緞峪頁葎阻艶宣
葎焚担勣斑厘断猜
才低壓匯軟祥頁侑牽
岷欺嶬 厘挽釈佚
泌惚低厚販來 泌惚低図日
厘断祥嬬嶷仟蝕兵
才厘壓匯軟祥頁低侑牽
萩猥 裏丶杏 

晩囂井

突の嘘に串をあてて
埴は垓い狛肇を岑る
嘛い晩 めぐり穴える魁侭に
芝吮をしている

バイク峭めた 匚の穏遊
嘘嶄絋らす罎糧召
さよなら冱えたよ

ミラ`に啌る埴はうなずくばかり
ねぇ 罎呂い綴垢瓩燭
突が畠てだから 埴の丶冲は
ああっ恷瘁まで單しさ

埴のこと梨れようとしても
徭佚がないから
舞さまっにお垳して
突は芝吮をしてもらうよ

單しいのは丑しいよね
己えさせて俯し狛ぎて
徭蛍を涙くすよ

さよならするために竃氏ったのなら
採絞突器潤ばれたの
埴と伏きることが侑せだって
ああっ佚じてる書でも
もっと附覆返なら日いてくれたら
ねぇ屈繁はやり岷せた
突の伏きることが埴の侑せ
ああっ蛍かってて 裏丶む 

朴沫厘議溺舞厚謹ゞ厘頁低議侑牽〃梧簡佚連