var taget_obj = "" function Digg(divId,aid){ taget_obj = document.getElementById(divId+''+aid); makeRequest('/plus/digg/digg.asp?id=' + aid + '&rand=' + Math.random(),"Diggreturn","get",""); } function Diggreturn(){ if (http_request.readyState == 4) { if (http_request.status == 200) { taget_obj.innerHTML = http_request.responseText; } } }

暫訥蟯梧簡

壓澤下梧簡 栖坿犀幹鍬咎  侭奉廨辞 :

喞嗄易慕梧簡

晩囂兆各坤謄デリ-ム ジェネレ-ツョン 

嶄猟井

秧秉峪頁壓殉谷戦中 
才柿鋒議湿准祇艶 
曳軟垓圭描妨議梁悲畷箔匯泣泣議販來 
壓甥絶議横詮瞬祇佩恠 
勣牌返鳩範宸湖状 
*峪嗤嫖蝕凛商心欺議知詈芭厦誡輝У 
軸聞欠患、嚏嬉、伉強辧 
泌惚頁嫖蝕凛商心欺議知誅嶬敲槁牧歌涎 
爺腎埆頁販來祥埆寔糞 
廣吭欺阻宅針脅楼降阻 
溝鏡才腎倡LONELY 
櫓剩廉和議弌塁戦箕軟咐柿議然 
潤崩悳潤音阻議網胎 
椎竃麼吭鯲汗 
嫖蝕凛商心欺議知訐鐫耙火輦从楸犂 
猥堵勃祇姿冱節邦頁祐逗議 
嫖蝕凛商心欺議知誚槓牌靡叟杜 
宸瞬祇埆販來祥埆頁佃參護普 
峪嗤嫖蝕凛商心欺議知誨散嗤郡哘 
序秘血篭餅蝕俟山頁豊議然 
泌惚頁嫖蝕凛商心欺議知觴簡肱嶬斃歓獎穏 
握埆販來祥埆嗤起來

晩囂井

まぶなのウラに秧れたけ 検かへて蓄る湿准にGood-bye 
垓くキラめく單しいより ただ匯つ厘勝か圀しい 
絶たいガラスの瞬を くくり偉けて 
その返に乾れたい 欒屬舛燭靴めたい 
* 憂を蝕けて需る知だけ 膿く宇きしめているよ 
欠が患いて嚏が週って 伉は辧れでも 
憂を蝕けて需る知だは 書は彬ついてもいい 
この腎が覆返なほど 殆岷になれるよ 
賑づいたら豊もが溝鏡で むなしさに富し降れた Lonely 
シラけた帛和がりの匯片で ふさいだ冲を隔ち貧げる  
まとまらないディスカッション ぶち撒して 
アイディアぶつけよう フキゲンな隆栖へ 
憂を蝕けて需る知には かなりトゲがあるのだろう 
繁を佚じ倩を岑って節が祐いよ 
憂を蝕けて需る知には いつもふりまわされてる 
この瞬が覆返なほど 普てられないのさ 

憂を蝕けて需る知だけ きっと返ごたえがあるさ 
篭をついて俟を蹐辰針がの中唹 
# 憂を蝕けて需る知なら 書はせつなくてもいい 
この握が覆返なほど バネにしていくさ * #