耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-4-12 12:23:29

ヒカリノサキ

嶄猟井

涙胎謹担祐逗 畳協阻祥麻頁裏樋議蕗咄匆心音欺
宸劔議並音氏贋壓 萩絶床和栖

匆俯嶬敲罵歓犁 宸劔議並匆音勣傍
毅伉慧壓然貧 音訖患週擽肝

猥砺楪楴欺寄社 音胎伎孵頁謹担辛殿
毅伉匆俯頁謹噫 咀葎嗤宸乂誌育壓

欠俳蝕祇揃念佩
核彭巻刊俣壓今貧
勦凛議高但 峺彭念圭議祇揃
音胎欺陳戦念圭峪嗤匯倖朕炎

悳頁匯険記隼議燕秤 匯協勣写偬心彭念圭
祐逗議附唹 音誑擔患週擽肝

丶彭心欺寄社 薦楚珊垓垓音校
苧易椎頁載涙尖議 短嗤祐逗匆短購狼

核彭欠敬鮓濘 阜竃褒返
鴻姓議綜繁音芦 誨普虹
鎮竃啾賑 敬鯰綴亠掴M
房廷議嚼谷闘鰓況

欠俳蝕祇揃肇鮑隆
核彭巻刊俣壓今貧
勦凛議高但 峺彭念圭議祇揃
音胎欺陳戦念圭峪嗤匯倖朕炎

欠俳蝕祇揃肇鮑隆
膿寄薦楚議越芋尅鶏彭
勦凛議高但 峺彭念圭議祇揃
垓垓議欠壓採侃俳狛

晩囂井

とてもとても逗しくても 畳して畳して樋咄は需せない
こんな並はなんでもないんだと 鯛ち彭いて佩こう
もしかしたら祐みだしたのか そんな並は冱わせはしない
伉塘してるそんな冲なんて もう屈業と需たくない

佚じ栽えるみんないるから どんなときでも伎けはしない
伉塘なんてさせやしない かけがえのない嶼寂だから

欠を俳ってどこまででも 序んで佩こう
今を恠る巻のように 融き序もう
市いている 高 朕峺し さぁ佩こう
念を鬚い寅擦弔砲覆 どこまでも

いつもいつも峠隼な冲で ずっとずっと念を需Aける
うずくまって祐がる徊は もう屈業と需させない

丶い栽えるみんないるから まだまだやれる薦が竃せる
蛍かっているさ涙尖はしない 祐みは涙いさ寄嬋健さ

欠に\って腎へ互く 返を阜ばそう
I返レげ音芦なんか 誘げ普てたら
啾櫃魍して 錬李を俟に さぁ敬ぼう
房うままに嚼をレげ どこまでも

欠を俳って採Iまででも 序んで佩こう
今を恠る巻のように 融き序もう
市いている 高 朕峺し さぁ佩こう
念を鬚い寅擦弔砲覆 どこまでも

欠を俳って採Iまででも 序んで佩こう
薦膿く欄を尅って 恠りだそう
市いている 苧晩を朕峺し さぁ佩こう
欠を俳って劭か枠へ どこまでも

おわり
 


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣