耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 窟燕噐2009-6-10 13:24:28

爺萼

嶄猟井

忘叢涙冱圧匚議海偽蕗蕗錚貯

附減碕遷嵐嬋議彳凛專專琢強

音岑音状僉夲阻宸訳凋塰岻揃

屍竃祇祇况霜楊壁凛念議匯俳


中斤辧辧圀弭議菊諮名換褒凛


低煤悲議柵簾泌緩梁哲


泌書 厘厮嬬校賀状


圻栖宸屎頁音否崔夘議贋壓


溜附爺仇議溝互槙埖軸繍哩叢


凋塰議繧緞巴賣匳迄議伉跚


音斑咨託議寔牾瀕低議凛節


厘垳葎低儖孀娶仟議啾賑


壓宸膤弼爺腎議勝遊


苧爺卆症頁繁栖繁吏俊狡主


涙隈油需凋塰柵蚕遇達隼栖肇


音岑音状低厮塔育壓厘議附円


中斤低椎径倹岑匯俳議丶否


厘抜邪廾坐音犖夫狛附宣肇


低煤煤議名連泌緩丑彬


泌書 厘厮寔俳湖状


圻栖宸賜俯祥頁侭僚議握秤


昔昔宇諸或萍跣卦長属禅陳


低弌弌議伉跚泌揖其帷違戒浅


喘伉岻州丘囮涙秤缶糠議嵎


厘垳葎低儖孀音註議啾賑


屎泌宸掃撈議髄欠


厘勣孀指爺高便擦議溝袷知


繍暖伏議諮刎泣疏壓伉俟侮侃


垳厘嬬敬埆奚将議自


晒恬低或莎柘靤


厘垳肇儖孀低厘殲狼議啾賑
 

晩囂井

むごんのままやみにつきたてたやいばがさけんで

ぐれんを嘘(せお)う憂(ひとみ)がみゃくを嬉(う)つ

いつかさだめと祇(みち)をえらんだ

畠(すべ)てのみこむえんこう

(き)えそうなゆれるひかりにめをふせた

弌(ちい)さくはいた連(いき)が哲(あたた)かくて

書(いま)、湖(かん)じている

これが(まぎ)れもなく贋壓(そんざい)\なんだと

てんじょうにゆるされたここうのときがくだけちる

竃(であ)いはとざすむねのとびらたたいて

つげられぬしんじつをきみのなみだにかえぬよう

仟(あら)たなゆうきをみつけたいよ

伴(も)える腎(くう)の惚(は)てに

あしたもきっとなにもかわらずかげふみあうひとたち

凋(いのち)の(こえ)をきけずに ただ化(ある)く

いつからかそっと篠(よ)り耶(そ)っていた

畠(すべ)て岑(し)ったような丶(えがお)

むかんけいをb(よそ)って嘘(せ)を(む)けた

ため連(いき)ついた埴(きみ)が俳(せつ)なくて

俟(むね)に湖(かん)じている

これがもしかしたら 枅(あいじょう)\なんだと

てんきゅうにはなたれたここうのきみをだきしめる

弌(ちい)さな主(かた)はしずくのように寳(ふる)えて


融(つ)きささるげんじつをこころのけんでつきかえす

こわれぬゆうきをみつけたいよ

(つよ)いかぜのように

てんこうにまもられたここうのゆめをとりもどす

竸伏(めば)えた况(ほのぉ) むねのぉくにともして

とび埆(こ)える 渊(げんかい)を

埴(きみ)の呱(つばさ)になれるよう

つながるゆうきをみつけたい


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣