耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 窟燕噐2009-6-13 10:36:56

劑霜宣邦

嶄猟井

辺軟音藻芝吮岻呱
斑院咤雑岻附縛捻秘旺刊邑堝蚊

淀爆議附悶壓邦中柊窟舞蜘岻高
吉棋霜鯖氏扮 綜繁払舞議只海扮高
泌惚凵城阻郡鹸議伏試

祥參跡抵岻蕗状佰 筒貧參竈紅抄撹岻瓠徨

繍半撹院雑弼議直筑服鰯噐州凹
未竃肇議宸匯化念圭
返燐屍肇涙僚強恬議寄湊偽
畏竃哈擬失附痩至議尺米
与貧劑雌議苧爺

涙弼岻欠嶄心音需霜弥巷麼
短嗤阻直崙便擦岻朔
藻和議為斧抵短嗤隆栖

痴祚厮壓認戦岻翌 壓涙隈冱囂議屬象岻念
 
邦送艮需葎蜘弼侭將
附縛郡符高但遇塹
凩洗岻想聞埖嚥凛音誼音篇
院雑咤聞堝脅個延冲弼

効昧遇栖杏 念吏傳堽岻泳圭 

晩囂井

芝吮に火らない呱をたたんで
院(うす)雑@(はなざくら)の縛(からだ)を捻め 堝をまねけ

認の爆りには邦中(みなも)が蜘弼(ひそく)に高っていた
霜鯖氏(りゅうげえ)を棋つ櫃淋兇なる晩?
かさねていくことも凵(いと)わないなら

跡抵(かみなりどり)の蕗に朕め 磴鯔`(た)き半(し)めた瓠徨(かたびら)まとう

* 燃舂(あさはなだ)に半めた直逐の蕷爐
凹(つか)にき原け 未み竃すその枠には
あがきなど尅り普てた寄湊偽を返に
失を擬く至の 更えをとれるか
劑しい苧晩与りzめ *

弼涙き欠には霜(たつ)弥(た)(ひめ)の徊も需えない
直(き)便(まも)りもなくしたその朔に
火された`(もず)の袰(にえ)が 隆栖(さき)愼(ほの)めかす

** 痴いは屡に認戦の翌 冱匐にならない屬の念に **


*** 送れは械になく蜘弼(ひそく)に床まる
 高を、い討修稜(からだ)を氷(さら)す
F(つや)めく想(うろこ)には埖も凛を叺(そ)らす
院(うす)雑@(はなざくら)に堝さえ弼をかえ ***


惄┌

この傳堽(めまい)のむこうへと


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣