耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 窟燕噐2009-7-3 10:12:12

湊剩珊壓禾醒岻扮

晩囂兆各彩剩がまた市くとき

嶄猟井

辺欺佚扮音忘篤撃笥
把把辺茄广
吉狛匯粁扮寂
低哘乎辛阻盾厘嶬攀槻椎
頁恷兜匆頁恷朔議伉垳
埋隼延誼梁悲徽旺音釈膿
厘断廨伉拝嘲運仇獏
仔肢栖匝扮斤彈宣蝕宸戦議低議嘘何
貫垓侃議完薩符竃啾賑岻収
翌中議嚏珊隆唯峭
捜物議繁断才瞬祇珊侮佚氏竃湊剩
硬析議傴舵才愁侮議態勢
罷樋議伏試湊音秘鮫阻
与貧峺遮嗟朔議缶祐湖状
椎乂割諾山廷議晩徨
萩音勣指遊李
壓低侭僉夲議祇揃
壓率嗤低岑議先苧嶄写偬念序
萩艶梨芝
珊頁萩低梨阻杏
嶬擽堋禝痛篠醵佝膠欠嚏弄壌議匚今
渇日广宣蝕繁蛤
吐参广議2繁議揃炎祥頁“錬李”宸2倖忖
斤豢侭握議繁悳頁墾俤仇音糊傍
凪糞嶬旌醢訌⊃夢器坪伉岻蕗兔

晩囂井

返崕が曙いたら   撃を俳らずに
そっとしまっておいて   扮がたてば
突の書の欒屬
きっとわかるはずさ
恷兜で恷朔のお垳い
單しくなれるほど   膿くもなくて
ひたむきに嘲かに
宇きしめあったね
仔肢せまる矧   ここを肇る嘘嶄に
垓くのから啾櫃諒犬鯢笋襪
翌は嚏が   まだやまずに
絋れてる繁?と瞬が
それでも湊剩佚じてる
硬いメロディ   にじむシルエット
やわな伏きじゃとても
}にはならないね

マ`キュロ与った朔の
しみる湖じ
そんなかしさに   あふれた晩?
でも尅り鬚ないで
埴が畳めた祇は
埴しか岑らない匚苧けにAいてる
梨れないで   梨れてくれ
書も埴への襪い
甍が剃く匚の今
むせび貯いて   蛤はなれた
さまよう2繁の祇炎┐靴襪截は
“錬李”の2猟忖さ

握する繁には
いつも孚れて冱えないけど
云輝は豊もが擦┐燭ば弔良よ
書こそ曙け

翌は嚏が   まだやまずに
絋れてる繁?と瞬が
それでも湊剩佚じてる
硬いメロディ   にじむシルエット
やわな伏きじゃとても
}にはならないね

梨れないで   梨れてくれ
書も埴への襪い
甍が剃く匚の今
むせび貯いて   蛤はなれた
さまよう2繁の祇炎┐靴襪截は
“錬李”の2猟忖さ

翌は嚏が   まだやまずに
絋れてる繁?と瞬が
それでも湊剩佚じてる


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣