耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2008-12-24 21:58:41

低壓高但嶄延暫

嶄猟井

低壓高但嶄延暫
壓梁哲議欠嶄
壓柵蚕彭豊
寇炉肢圧違
述蝕阻先苧議會鳥
苧爺匯協氏
壓胆洗議爺腎嶄
航彭咢弼議科榊杏
宸劔挨彬議尚弼
低壓高但嶄延暫
軸聞頁弌弌議節帷
餘κ違鯛和
鰈杜汗
伉嶄議蜘畜
誨乾当
泌惚乾式祥氏撒渠
嗅團 鰈登舵
岷欺狛播議采斤中
苧爺匯協
壓屎怜
敢爺頁己矢喞禝聴
貫知嶄佰栖
冥沫焚担椎
宸劔苧酔議弊順
低揮彭厘肇
珊妾岐嚥僂醒
把把仇宇廖執嘘
猥妬打薺槻藥
低壓高但嶄延暫
佰栖議賠蛙嶄 節邦
餘κ違鯛和
鰈杜汗
 

晩囂井

あたたかな欠(かぜ)の嶄(なか)で
豊(だれ)かが柵(よ)んでる
圧(くらやみ)を炉(お)しむように
匚苧(よあ)けが兵(はじ)まる
苧晩(あした)はきっと
膕洗(きれい)な腎(そら)に
咢弼(ぎんいろ)の榊(にじ)がかかるでしょう
こんなに挨(かな)しい尚弼(けしき)を
埴(きみ)が高(ひかり)に(か)えて佩(い)く
弌(ちい)さな(なみだ)の腺(つぶ)さえ
右墳(ほうせき)のように鯛(お)ちてく
隆栖(みらい)の嶄(なか)へ
伉(こころ)には蜘畜(ひみつ)がある
それでも乾(ふ)れたくて
乾(ふ)れ栽(あ)えば(こわ)れていく
ためらいは苔傴(らせん)の嶄(なか)へ
播(はし)を局(わた)ったがわのむこうまで
苧晩(あした)はきっと
寔帛(まひる)の嶄(なか)で
はるは己(あま)く侮(ふか)くかおるのでしょう
知(ゆめ)から佰(さ)めて
繁(ひと)は採(なに)を冥(さが)すの
こんなに苧(あか)るい弊順(せかい)へ
埴(きみ)が暴(わたし)を銭(つ)れて佩(い)く
傳(まぶ)しさにまだ羨(た)ち餤(すく)む
嘘嶄(せなか)をそつと宇(だ)きしめる
佚(しん)じることの(はかな)さを
埴(きみ)が高(ひかり)に(か)えて佩(い)く
朕(めざ)めた劾(あさ)には(なみだ)が
右墳(ほうせき)のように鯛(お)ちてく
隆栖(みらい)の嶄(なか)へ
 


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣