耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-2-12 16:04:05

欠惜寮佛

嶄猟井:

厘覦儡騎議欠詔鹿軟栖
冽彭惜遊怒肇低椎戦
軸聞厘畳協議祇揃載垓
鰈埃宰宙紙議隆栖写偬念序

貫劭垓議宸戦欺低椎戦
覦冀震豕跳膾曜蘰揮欺椎円
伏試壓宸円厘旺音偲眺
涙胎欺陳戦欠脅繍厘断銭彭

扮寂岸陥彭厘断、皇蕗繍堀業紗酔
壓知嶄軸聞佰阻匆勣儖孀慌揖議高但
描勦議佛腎和方音賠議佛恙才唹徨
耽欺佃參秘蓄議侮匚悳進箔煤裏議貮

軸聞犒蟶誉覬霹埔埠惴閑
厘珊頁椎劔議頃徨賑
遊辻嶄厮延記議咫
勣頁嬬卿虹壓揃円祥挫阻

和肝需欺低厘勣委樟怪低厘議濬眇
匯岷傍欺凵軍葎峭、処彭廾竃栖議丶否試彭
劾麓刊狛傀綴議瞬祇繍厘議中謝半碕
壓椎岻念珊頁勣廣篇低議匯俳椿
珊頁勣廣篇低議匯俳椿

扮寂写偬紗堀、欠繍厘断狒

厘壓宸戦旺音偲眺
涙胎欺陳脅嗤欠.......

晩囂井:

はみだした欠を鹿めてみたいな
襖の枠つたって泳圭へlけてく
歴は畳まってる 祇は垓くても
宙いた隆栖へAいてる

劭かなここから泳圭の埴へと
あの晩?の欠とかけらを曙けたい
偲しくはないよ いつもここにいる
どこまでも欠がつないでる

扮が突らを識かして 皇強がスピ`ド貧げてった
知の嶄で朕めても 揖じ高を冥した
市く佛腎の和 方え俳れない佛恙と唹
蓄れない匚たどって かすかな譴箔めて

竃氏いと艶れを舳り卦してもなお
突はこんなにも徨工のままだ
記いイメ`ジなんて
祇極に慧り誘げてしまえたなら

肝に埴に栽うときは もつれた蕕鬚曚匹い
吋きるまで三をして 竃栖るだけ丶冲でいよう
鯖やぐ瞬旺みをiけ 劾けが]を半めてく
その枠に埴は採を 採を需つめているだろう
採を需つめているだろう

扮が紗堀をAけて 欠が突らをつないで

偲しくはないよ 書もここにいる
どこまでも欠は…
 


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣