耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-2-16 16:32:19

velonica

嶄猟井:

栖杏
委宸丑彬凉蔑葎侑牽
傍彭音勣唯和重化
潮潮議啜壓匯軟
導阻匯凛栖扮議揃
音鋤節和
匆涙隈凉蔑伉嶄議浪埣
委哩頭辺鹿
椎涙縞議唾余嶄廚怎壓廓偏議円縞
昧吭仇棉宜壓仇
音僅嶷鹸議記記議指吮
嶷鹸彭椎揖劔議中否
揖劔議三囂
峪勣試彭祥氏湖欺丑彬議佃祇峪嗤厘宅
猖撞直薦吏吏瓜繁策篇
払壓倡涙嶄議駅協嗽頁樋弌涙薦議低
匯岷廣篇彭涙俶廣篇議丑彬議低
泌書
雙崙彭涙俶雙崙議節邦匯揃恠栖
峪頁卆真寔頁遇伏贋
厘断珊短嗤泌緩釈膿
音喘泌緩釈膿

晩囂井:

さぁ媛椎岱れる ごうにまぎれ
侑せな尅りして梧う
もっと恠れっていい療かせて
涙脹にもそっとたつが
栖た祇を匯艶匯繁ごめん、幣すさんざんを灰わん
舞は表あり紅あり兮あり
馨は持もってく
惚てしない唾の
余嶄で瞬のはずれに羨ち篠る藤れたI怎を
そっと誘げ竃して媒ぶと
舳り卦される燃い蓄り
採業も揖じあの罪冲採業も揖じあの冱匐を
伏きているだけで丑しいとおもうのは暴だけなのと療いたわ
和j笋倫
羨ち篠るなり
うつろにきえる
きっとまだ
薦なき嘛い埴
需なくていい丑しみを
みてきた埴は書
こらえなくていい罎
こらえてすごしている
云輝のことだけで
伏きていけるほど
突らは膿くないさ
つよくなくていい いい

なのだが
畠くあっていないのかもわからない
ダチの梧簡歌深にすると


さぁ
俳ないな この計ら
侑せなふりをしていた
もっと恠ったと冱いUした
涙冱でそっとつかみ栽い
栖た祇を匯導匯繁を厘蛸し
中する眉?の岷ぐは
冲に噫る函り栽いの
チリはつもってく
惚てしない唾の
余嶄で隨の翌れに
羨ち篠る藤れたI怎を
そっと誘げ竃して媒ぶと
舳り卦される燃いメモリ`
採業も揖じあの罪冲
採業も揖じあの冱匐を
伏きているだけで丑しいと房うのは暴だけなの
握でたあの徨
貌てるに廣吭のない
倡ろにえる
きっとまだ薦なき嘛い晩?

需なくていい丑しみを
需て栖たキミは書
唇えなくていい罎
唇えて狛ごしてる
云輝のことだけで
伏きて佩けるほど
突らは膿くないさ
膿くなくていい


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣