耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2008-12-5 14:21:19

苧晩嶮繍欺栖

晩囂兆各挫晩は栖るから

嶄猟井

圀勧器岻並悳頁佃參冱斃
痴祚彭 冥沫彭
恠狛匯伏
緩震
径倹儖欺匯濆眞
飛嬬弖枯遇貧
愁佩愁垓議隆栖祥音壅頁知
謹富肝
謹富肝
沂隼廚怎
住岶彭丶冲嚥節邦
涙胎圧匚謹担侮繖
胆挫議苧晩匆嶮繍欺栖 
 

晩囂井

ほら玲い週りた僣がこの返に卑けては
まるで採もなかったようにえてく 

ねえ寄俳なことは欧譴笋垢いら
Wたちにはつかめない床かに働うだけ

劭かな劭かな嚴帑の頭嚊 
こうして屈繁が竃氏えた甜隼 

謎Eと柵びたいこの欒屬舛髻
埴だけに擦┐燭い

ただ擦┐燭い海箸うまく冱えなくて 
痴いながら冥しながら伏きてた 

書匯つの高をつけた櫃して 
弖いかければ毛げていく隆栖は鯛ち彭かない

採業も採業も羨ち峭まりながら 
丶と罎魴eみ嶷ねてゆく

屈繁がiいたこの祇のり 
それだけが_かな寔g

嚏週るときには埴の磴砲覆蹐Α
L患くときには埴の謁になろう 

どんなにの侮い匚でも 
駅ず苧晩は栖るから

敢にDく雑や歪の桧篋 
拍の仔肢も喬のぬくもり 

いくつもいくつもの湿がめぐる
嶷ねあう畷りは徭喇さえ埆えてゆく

劭かな嚴帑の頭嚊にいて 
劭かな房いをYせる 

謎Eとよびたいこの欒屬舛髻
ただ埴だけに擦┐燭い茵

採業も採業も羨ち峭まりながら 
丶と罎魴eみ嶷ねてゆく

屈繁がiいたこの祇のり 
えさることはないから 

嚏週るときには埴の磴砲覆蹐Α
L患くときには埴の謁になろう 

どんなにの侮い匚でも 
駅ず苧晩は栖るから 

埴だけに擦┐燭い
駅ず苧晩は栖るから

 


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣