耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-3-4 9:53:12

壱-キズナ-

嶄猟井:

涙胎厘断蛍蝕謹垓書伏議揃挽壓写偬。
厘繍勣写偬震貧厚侮議裁治。
涙胎囑需焚担劔議弊順匆挫
涙胎心欺焚担劔議魁侭匆意
珊頁嗤泌緩嶽嶽
凋塰繍喟垓弖昧彭厘断匯軟恠
匯協嗤凪帆Φ調耡擅油薦鞭怦orz油Kra議梧厘奕担嗤泣巓旬戴阻= =
厘中念議蛤佛葎阻壅肝描勦繍貫坪伉侮侃〆音苧orz〇
萩枠欺念中肇吉棋
悳嗤階埆是佃議椎匯震。
及屈粁
涙胎厘断蛍蝕謹垓書伏議揃挽壓写偬。
厘繍勣写偬震貧厚侮議裁治。
侭參音勣墾殿咀緩鞭欺彬墾
厘中念議蛤佛葎阻壅肝描勦繍貫坪伉侮侃〆音苧orz2〇
輝鞭欺伎孵議揖扮
輝阜竃褒返議扮昨
曾倖繁繍氏壅肝獏。

厚紗啾糊議中斤
繍侭嗤猥典超廉畠何追秘俟山
寔糞悳嗤劾匯晩氏栽葎匯悶。
侭參匯協辛參湖状欺伉痩議柵蚕。
辧匏議伉秤峪葎阻苧晩議圓孥遇媾。

晩囂井:

どんなに宣(はな)れたって余俳(とぎ)れることは涙(な)いさ
より侮(ふか)くへ震(きざ)まれていく

どんな弊順(せかい)にいたって どんな魁侭(ばしょ)にいたって
またそれぞれの塰凋(うんめい)がもつれ栽(あ)ってゆく

版(ひ)かれあうように

突(ぼく)らはこの佛(ほし)で竃氏(であ)うために伏(う)まれてきたのだろう
この枠(さき)に棋(ま)つどんな是佃(こんなん)をも埆(こ)えてゆくために

どんなに宣(はな)れたって余俳(とぎ)れることは涙(な)いさ
より侮(ふか)くへ震(きざ)まれていく

だから彬(きず)つく並(こと)を訊(おそ)れずに

突(ぼく)らはこの佛(ほし)で竃氏(であ)うために伏(う)まれてきたのだろう
くじけそうな扮(とき)も返(て)を餓(さ)し阜(の)べあえる屈繁(ふたり)であるように

もっとl(か)けi(ぬ)けてゆけ佚(しん)じてるものその俟(むね)に宇(だ)きしめて
寔g(しんじつ)はいつだって匯(ひと)つだから伉(こころ)の蕗(こえ)を湖(かん)じて
e(ゆる)ぎ涙(な)い欒(きも)ちを(かか)げて苧晩(あした)への孥(きざ)しを游(つか)め


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣