耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-3-5 12:06:03

蝕兵議晩徨

晩囂兆各困呂犬泙蠅糧

嶄猟井

甥絶議腎賑梁悲議淫律彭附悶
音消 垓圭議爺腎蝕兵延易
耽爺壼蛙嫋壓短嗤繁議瞬祇

不裏恂阻侮柵簾
腎鬼議欠才厘泌緩猖
葎採匚絡議繁断泌緩偲眺

葎採短嗤繁嬬校苧易
書爺痴達議音岑祇乎肇鯆沈
隼朔厘心欺
瞬祇蝕兵士強

椎倖扮昨低匆湖欺阻溝鏡宅
樋弌議徭失宸劔誚 書匚涙隈秘鋒
崛富壓知嶄嬬獏

葎採短嗤繁嬬校糞崔力
乎奕担御盆低議圭隈匆音岑祇
書爺匆唯阻和栖

葎採短嗤繁嬬校苧易
書爺痴達議音岑祇乎肇鯆沈
葎採短嗤繁嬬校糞崔力
厘雁化佃佩
隼朔瞬祇蝕兵士強
爺腎愁苧

爺腎愁苧

晩囂井

絶たい 腎櫃 悶を やさしく淫む

やがて 垓くの 腎が 易みはじめる

豊も いない 劾の 瞬に 羨つ 耽晩

 

富し 寄きく 連を 簾いこんでみる

からっぽの 欠は 暴に とても よく 貌てる

どうして 匚は 繁を 捜しくするの

 

なんて 豊も 蛍かってはくれない

痴って 書晩も 佩く 魁侭なんてない

それでも 瞬は 強きはじめてる

暴を 需いて

 

あの とき 埴も 溝鏡を 湖じていたの

弌さな 徭蛍を 襪辰 書晩も 蓄れない

せめて 知の 嶄で 氏えたら

 

なんて 豊も かなえてはくれない

埴に 擦┐ 宝さえ 岑らずに

書晩も 峭まっている

 

豊も 蛍かってはくれない

痴って 書晩も 佩く 魁侭なんてない

知なんて 豊も かなえてはくれない

暴は 化く ことすら できなくて

それでも 劾は 強き兵めてる

匚は 苧ける

匚は 苧ける


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣