耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-3-12 14:34:43

サヨナラのおまじない

さよならはいつだってまた竃氏うための
おまじないなんだっていつも房ってるギュッと
圧い匚はしい蕗で埴の兆を柵ぶ
匚苧け念のLBれて佩ってこの蕗をhくへ

書晩唾に竃る冥していた弊順
仇蹐砲覆侭へ罎佞い

さよならをいつだって俟に宇いたまま
Wたちはiくんだ採Iへ肖てもずっと匯wさ

箭えば丑しくて、蓄れない匚も埴の兆を柵ぶ
あぁこえるよ、かしいあのメロディ`、梧になってゆく唾揃の惚て

さよならはいつだってまた竃氏うための
おまじないなんだっていつも房ってるギュッと

採Iまでも阜びてゆく、祇の貧に羨つ書
さえない晩?をiけて、冥す右麗埴と匚を階えて…

俟の安にある、lにだってある瑤簣Mを
Wは埴と書、匐えるためにここにいるんだよ…ずっとね!


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣