耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡 - 利嫋猟忖仇夕

耽晩強只梧簡利 窟燕噐2009-3-13 15:22:01

鵬きのキヲク

晩囂井

フラッシュの嶄侮柵簾した鵬きのキヲク
弼擁せないようにいつまでも便る

湖じたまま出んだ瑤△ね弼の慧n瘁のsky
匯昼だってojにしたら書の暴いないかもね

徨工の宙いた隆栖はしゃいでいる
あの憂書もこの俟で高Aける

フラッシュの嶄侮柵簾したキヲク宇いて
悶嶄で湖じる
イメ`ジ宥り佩かない並にけないように
畠てを鞭け峭めてがむしゃらに伏きる

兆もなきLにねいてみる
ちゃんと貧返にiけている?

o湖秤なrgの嶄冱い梨れた
ありがとう畠ての曚垢詒盆_へ書

ここでこうして伏吭殫圓辰萄辰な捲彭て
肖られるのもlのおかげ?
いつかはきっと{り彭けるよた侭に
Qして弼擁せない鵬きのキヲク

フラッシュの嶄侮柵簾したキヲク宇いて
悶嶄で湖じる
ここでこうして伏吭殫圓辰萄辰な捲彭て
肖られるのもlのおかげ?
いつかはきっと{り彭けるよ
た侭に
Qして弼擁せない鵬きのキヲク


云嫋窟下梧簡喇:利大屁尖|圻幹鍬咎|利嗔蛍軾何蛍怏撹,泌惚廬墮云嫋嶄猟梧簡佚連萩隠藻竃侃!
散哭寄社嚥厘断匯軟栖蛍躙茣 窒廣過-壓潴躰啗茣